事業計画

 

建設産業経理研究機構 令和元年度事業計画

 

 一般財団法人建設産業経理研究機構の令和元年度事業計画は、次のとおりです。

 

Ⅰ 基本事業活動

 一般財団法人建設産業経理研究機構は、全体活動を継続的かつ安定的に推進していくために、機構固有の社会的貢献を果たしうる事業活動を展開していきます。この具体的な内容は次のとおりです。
 

1.出版事業

 ① 単行本の発行

2.受託調査事業・コンサルタント事業

 ① 受託事業

 ② コンサルタント事業

3.セミナー・講習会の開催

4.FARCIフォーラムの開催等 

 5.調査研究活動

 ① 委員会・研究会の開催
 


Ⅱ その他の事業活動

 一般財団法人建設産業経理研究機構における6年間の活動において、その前期は、機関誌である『建設業の経理』(季刊誌)の発刊を軸に、主として当機構の使命を広報し、業界、行政、専門職機関等の間に立って、第三者的立場からの調査研究等を展開する方向で事業を進めました。
 さらに、その後期は、国の施策や行政における建設業経営及び会計に関連する当機構固有の役割を果たすため、受託事業に前向きに取り組む事業展開を強めてきました。また、個別企業や団体からの求めに応じて、オーダーメイド型の事業にも的確な対応をするべく努めました。
 第7期以降、機構がどのような方向や展開をすべきか検討し、必要な経営組織やシステムを導入するよう模索していきます。